対象者像
情報システム基盤(業務システム共有のシステム資源)の構築・運用において中心的役割を果たすとともに、個別の情報システム開発プロジェクトにおいて、固有技術の専門家として開発・導入を支援する者。具体的には、ネットワークを固有技術とする。
(IPAより引用)

期待する技術水準
以下、IPAのサイトより引用
ネットワークは情報システム基盤であり,個別のアプリケーションシステムの構成要素ともなる。また,マルチメディアへの展開も含め,ネットワークに要求される機能要件は急速に進展している。目的に適合したネットワークを構築・維持するため,次の幅広い知識・経験・実践能力が要求される。
.優奪肇錙璽技術・制度の動向を広く見通し,目的に応じて適用可能な技術を選択できる。
企業・組織全体又は個別アプリケーションのネットワークへの要求を的確に理解し,ネットワーク要求仕様を作成できる。
M弋畛斗佑亡慙△垢襯優奪肇錙璽設計技法,プロトコル技術,信頼性設計,セキュリティ技術,通信サービス・料金などを選択して,最適な論理設計・物理設計ができる。
ぅ優奪肇錙璽関連企業(通信事業者,ベンダ,工事業者など)を活用して,ネットワークの効率的な構築・運用ができる。