午後1の攻略で大事なことを何点か書きます。
【基本的な勉強の流れ】
1.午後1を学習するときは、本試験の気分で行う。
午後1問題は、時間を計り、必ず机の上でノートに書いて下さい。解答をノートに書かずに答えを見る人は、絶対に合格しません。また、30字以内という字数制限があれば、字数制限をしっかりまもって書いてください。

2.採点をする。
終わったら、採点をしましょう。そして、点数を付けます。厳しくつけてください。

自分が採点官になったつもりで真剣に点数をつけてください。採点官の心理を理解することも大事です。なぜなら、採点官に読みやすい答案につながるからです。さらに、採点官になった自分から、受験生の自分にアドバイスをしましょう。

3.復習しましょう。
わからなかったところは、徹底的に復習して下さい。疑問点は誰かに聞くなりして解決するようにしよう。わからないまま無駄な時間をすごすのは非効率である。

4.上記の流れを3回繰り返す。
つまり、同じ過去問を3回解いてください。だまされたと思って3回やってみてください。本質が見えてきます。2回目、3回目は大幅に時間が短縮されるので、それほど苦痛にもなりませんよ。

【勉強するときに重要なこと】
1.腹の底から理解するまで徹底的にやる。
詳しくは以下を参照してください。
http://nw.seeeko.com/archives/50290493.html
2.すぐに解答を見ない。
問題を解いてわからなかった場合、解答をいきなり見ないでください。どうしても解答が気になる人は「解説」を読んでください。解説を読んで、解答を必ず作りましょう。
わからない問題の場合、答案が真っ白のまま終わる場合があります。これでは力がつきません。やったうちに入りません。解説を読んで、再度答案を作る。それくらいの根性が合格するためには必要です。
3.書き方には最新の注意を払う。
・この試験では、内容を理解すると同時に、それをアウトプットする力が必要です。(SIerとして重要なコミュニケーション能力の一部です。)
・不合格の原因の一つが適切な文章が書けないことです。実際に書いて練習することで、力がつきます。いきなり答えを見てしまうと、この力はつきません。
・模範解答は洗練されています。自分の答案と模範解答がなぜ違うのかを徹底的に理解しましょう。
【テクニック】
問題文を読むとき、「おやっ」と思うことをマークする
書かなくてもいい文章が書いてある。"ただし"などの文字を注意する。