ネットワークスペシャリスト試験を目指す女性SE 

実際にヘッダを見ることをお勧めします。
Outlook Expressの場合
メッセージを開いたうえで、「ファイル」「プロパティ」「詳細」タブ
メールのヘッダ
内容は以下
・Received:経由したメールSV
・From 差出人
・To 宛先
・Subject タイトル
・Date 送信日付
女性笑顔 

Receivedはメールが配送されたルートを示している。メールは複数のサーバを経由することが多いので、Receivedは10行くらいになることも多い。
下から上に配送ルートが記載される。一番下が送信側で一番上が受信側。
以下に、Receivedヘッダについて解説を書いてみた。クリックすると拡大される。
aa

過去問1(H19NW午前 問50)
この問題では、ヘッダの解説がされている。
mailheader

過去問2(H18NW午前 問9)
この過去問では、ヘッダのContent-MD5フィールドの用途を問われている。
【H18NW午前 問9】
インターネットにおける電子メールのヘッダに含まれているContent-MD5フィールドの用途として、適切なものはどれか。

ア 電子メール検索の高速化
イ 電子メールに含まれているディジタルデータの著作権保護
ウ 電子メール配信中のデータ損壊の検出
エ 電子メール発信者の認証
正解:ウ
事前知識がなくても、MD5という言葉から正解を導いてほしい問題である。MDはMessageDigestのことである。MessageDigestは、何の目的で利用するか?それはデータの完全性を確保するためである。つまり、データ損壊などといった完全性が失われていないかを確認する。

過去問3(H25SC春午前2問20)
問20 電子メールが配送される途中に経由したMTAのIPアドレスや時刻などの経由情報を,  MTAが付加するヘッダフィールドはどれか。
ア Accept
イ Received
ウ Return-Path  
エ Via

正解はイのReceivedである。

では、以下の過去問(H20春SV午後1問1)で掲載されたメールヘッダの例です。これをもとに、メールの経路を書いてみましょう。
メールヘッダとメールの経路
正解は以下です。
メールの経路