以下が合格率のデータである。
女性口開き


めちゃくちゃ厳しい試験ですね!
17年度からソフトウェア開発技術者の秋試験が開催されたため、「ネットワークは敷居が高い」という人がソフ開にずいぶん流れた。その影響もあり、合格率が上がっている。
ソフ開はネットワークの下位資格にあたるため、スキルの高い人がネットワークを受け、低い人がソフ開を受ける傾向だったようです。ですので、スキルの高い人たちによる競争だったため、合格率が上がっても難易度が落ちたわけではない。
項目15年度16年度17年度18年度19年度20年度
応募者54,060名46,151名29,996名26,143名24,918名24,182名
受験者31,350名26,590名18,295名16,108名15,215名15,117名
合格者1,974名2,106名2,263名1,793名1,915名1,664名
合格率6.3%7.9%12.4%11.1%12.6%11.0%

でも、見方を変えてみよう。
たとえば、以下のデータ(H23年のデータ)

項目受験者突破者突破率

午前2突破率

12,295

7,615

61.9%

午後菊庸卜

7,457

3,979

53.4%

午後尭庸卜─聞膤蔑─

3,9742,06952.1%

各試験において、それぞれ5割の合格率。午後兇世辰5割。そう思えば、ちょっと楽では?

その他、受験者数、合格者の平均年齢、最高・最年少年齢などの統計情報をまとめたい。