・L2レイヤの技術
・IPヘッダの変わりにMPLSヘッダを用いてルーティングする。
・プロトコルの依存性が少ない。これがマルチプロトコルと名が付けられている理由だろう。実際に利用されているプロトコルはIPが多いだろうが、実際にはATMなどもMPLSで転送しているのかもしれない(要調査)。フレームの構成を見れば、単にヘッダを付けているだけなので、どんなプロトコルだろうが関係ないことがわかると思う。 
[IPヘッダ][ペイロード]
という従来のパケット構造に加え、MPLSタグをつける
→ [MPLSタグ][IPヘッダ][ペイロード]

・高速な処理が可能である。
女性ほおづえ
IP-VPNサービスなどで活用されているようですが。
ところで、なぜ高速になるの?
IPアドレスによるルーティングと異なる点を考えればよいでしょう。
・ロンゲストマッチによる処理が不要。
・IPアドレスは膨大な量であるが、ラベルは必要な数だけ設定すればよい。
 ・過去問ではIPネットワークのVPNサービスを実現する技術の一つであるMPLSの説明として、「ラベルと呼ばれる識別子を挿入することによって、IPアドレスに依存しないルーティングを実現する、ラベルスイッチング方式を用いたパケット転送技術である。(H18NW午前 問41)」と述べている。また、MPLSに関する記述として、「MPLSにおけるLSPは片方向のパスであり、両方向の通信に用いるには二つのLSPが必要である。(H19NW午前 問27)」と述べられている。

・レイヤ3のデータをラベル付けしてレイヤ2のように流す。MPLSはレイヤ2とレイヤ3の中間で動作すると考えてよいと思う。

・ラベル付けされたパケットの道筋をLSP(Label Swithched Path)という。たとえば、R1→R5→R11→R3という道筋(Path)である。

・FEC(Forwarding Equivalence Class)とは、「MPLS網内で同じあて先のパケットや同じ扱いをさせるパケットの集まり(H19NW午前 問27を活用)」である。
ひとつひとつのルーティング処理をするのではなく、FECで転送先をまとめることで、シンプルな転送処理が可能になる。

・MPLS機能を有したルータをLSR (Label Switch Router)と呼ぶ。
また、IP-VPNにおけるPEルータ(Provider Edge Router:事業者エッジルータ)、CEルータ(Customer Edge Router:顧客エッジルータ)という呼び方以外に、MPLSを処理するエッジルータとしてLER (Label Edge Router)と呼ぶ。