女性直立

TCPはTransmission Control Protocolとう名前のとおり、伝送(Transmission)を”制御(Control)”するプロトコルである。
TCPの特徴
・コネクション型通信。
・再送制御、順序制御などの機能を持つ。
(順序制御はTCPヘッダの中のSequence numberで管理しているので確認してほしい)
・過去問では、TCPのフロー制御に関して、「確認応答がない場合は再送処理によって
データ回復を行う(H18NW午前 問21)」と述べている。
・その分、UDPに比べて速度が遅い。ストリーミングなどの高速な通信にはUDPが向く。

具体的なアプリケーション
・UDPの例
 DNS(問合せ)、SNMP、DHCP、TFTP、NTPなど
※ストリーム配信でもUDPを使うが、使用するプロトコルは様々である

・TCPの例
HTTP、SMTP、POP3、SSH、FTP、Telnet、DNS(ゾーン転送)など

フレームを見てみよう
tcp
UDPと比べると、その違いは一目瞭然である。
http://nw.seeeko.com/archives/50284111.html

その他
TCPの通信では、ひっきりなしにACKを返している。1パケット(1500バイト)に対し、1ACKを返すようなイメージである。ただ実際にはスライディングウィンドウの機能により、ウィンドウサイズ分をまとめてACKを返すので、4〜5パケットで1つのACKを返しているのが実際であろう。
これに対し、UDPではACKをまったく返さない。だからTCP/IPのオーバヘッドが少ない。

◆ポイント
・TCPとUDPの違いを意識してTCPを理解する。
・再送制御、順序制御を行っている。(どうやって実現しているかを確認しよう)