スイッチングHUBの仕組みを理解しよう。

■MACアドレステーブル
こんな感じです。
Switch#show mac-address-table
Mac Address          Ports
xxxx.1234.5678      Fa0/1
xxxx.2222.3333      Fa0/2
xxxx.yyyy.1111       Fa0/4
Ciscoではデフォルトで5分間保持している。アクセスがなければ削除される。
※ARPテーブルとは別物である。よく理解しよう。参考までに、ARPテーブルはMACアドレスとポートではなく、MACアドレスとIPアドレスの対応付けが記憶されている。

■MACアドレスの学習
送信元のMACアドレスにて学習する。注意:宛先MACアドレスではないよ。

■スイッチの機能
基本的な機能はフレームの転送機能である。加えて、学習したMACアドレステーブルに基づき、フィルタリングを行う。
このフィルタリングとは、Firewallのフィルタとは少しことなり、該当ポートにのみフレームを転送する機能である。(フィルタというよりは、該当ポートのみへの転送機能といったほうがいいかも)
それ以外に、VLANの機能やSTPの機能なども付加されているものが多い。

■スイッチのMACアドレス
各ポートごとにMACアドレスを持つのか、それともスイッチで1つなのでしょうか?これは機種による。最近は1つのものが多いようだ。

■主流はストアアンドフォワード