スイッチングHUBの仕組みを理解しよう。

■MACアドレステーブル
こんな感じです。
Switch#show mac-address-table
Mac Address          Ports
xxxx.1234.5678      Fa0/1
xxxx.2222.3333      Fa0/2
xxxx.yyyy.1111       Fa0/4
Ciscoではデフォルトで5分間保持している。アクセスがなければ削除される。
※ARPテーブルとは別物である。よく理解しよう。参考までに、ARPテーブルはMACアドレスとポートではなく、MACアドレスとIPアドレスの対応付けが記憶されている。

実際は以下です。ALLのところはスイッチのMACアドレスですので、こちらで省略しています。
TypeがDYNAMICのところが、動的に学習したものです。

mac_addres_table

■MACアドレスの学習
送信元のMACアドレスにて学習する。注意:宛先MACアドレスではないよ。

■スイッチの機能
基本的な機能はフレームの転送機能である。加えて、学習したMACアドレステーブルに基づき、フィルタリングを行う。
このフィルタリングとは、Firewallのフィルタとは少しことなり、該当ポートにのみフレームを転送する機能である。(フィルタというよりは、該当ポートのみへの転送機能といったほうがいいかも)
それ以外に、VLANの機能やSTPの機能なども付加されているものが多い。

■スイッチのMACアドレス
ネットワークスペシャリストを目指す女性SE待ってよ 

各ポートごとにMACアドレスを持つのか、それともスイッチで1つなのでしょうか?
これは機種によります。たとえば、以下はCatalystのL2SW(2960)のsh int コマンドを実行した様子です。各IFやVLANごとにMACアドレス(Hardwareのaddress)が割り当てられています。

Switch#sh interfaces
Vlan1 is up, line protocol is up
  Hardware is EtherSVI, address is 34bd.c859.bd40 (bia 34bd.c859.bd40)
  Internet address is 10.1.1.254/24
 (中略)
 
FastEthernet0/1 is down, line protocol is down (notconnect)
  Hardware is Fast Ethernet, address is 34bd.c859.bd01 (bia 34bd.c859.bd01)
 (中略)
FastEthernet0/2 is up, line protocol is up (connected)
  Hardware is Fast Ethernet, address is 34bd.c859.bd02 (bia 34bd.c859.bd02)
  MTU 1500 bytes, BW 100000 Kbit, DLY 100 usec,


■主流はストアアンドフォワード

スポンサードリンク