女性腕組み(1)b 20 c 100

表のIPパケットを一組とすると
40 x 8 x 10 = 3,200 
520 x 8 x 5 =20,800
1400 x 8 x 5 =56,000
合計すると80,000ビット
8M以上にするための必要な組数は
8,000,000÷80,000=100

(2)ロンゲストマッチと呼ばれ、エントリと宛先IPアドレスの合致する部分が長い経路を優先する。

詳しく見てみる。ルーティングテーブルには以下の2つのエントリがある。
10.1.16.0/20 RT2
10.1.20.0/24 RT3

10.1.20.Xへの通信はどちらのルーティングエントリにも適している。
ただ、一致している数はRT2が21ビット、RT3は24ビット以上である。
多くマッチしているRT3が選ばれる。

単純にサブネットマスクが長いほうを選んでも同じ。

【参考】
20を2進数で 00010100
16を2進数で 00010000

□試験センタの解答
合致するエントリのうちプレフィックスが最も長いエントリを選択する。
※プレフィックス長とはネットワークアドレス部の長さである。サブネットマスクとの違いを明確に言えるようにしておきましょう。

(3)問題文に書かれてあることを忠実に活用しましょう。
下線?の直前には、優先制御に関する内容がぎっしり書かれている。それ以外に想定される負荷は色々あるかもしれないが、「U君が気付いた」とあるので、あなたが気付いた負荷では駄目なのである。つまり、問題文中に書かれてあることから抜き出さないと、U君が気付いた負荷にはならない。

□試験センタの解答
優先制御の処理による負荷

(4)
設問が何を問うてるかを確認することが、とても重要。
まず、問題文では、各営業所が動的IPアドレスサービスを利用するといっている。
設問文では、動的IPアドレスサービスを利用しても、営業所間でSA確立が可能であるが、なぜか?と問うている。
つまり、通常で考えたら、営業所間でのSA確立は無理だと言っている。

まずはここを整理しよう。
なぜ、営業所間のSA確立ができないのか?
動的IP同士の場合、SAを確立するための相手側のIPアドレスがわからない
からである。

では、新型ルータのどの機能を使えば、これを克服できるのか?

新型ルータの長い機能説明を読んでいくと、
RT1(本社)がRT2(営業所)とRT3(営業所)にIPアドレスを通知している。
これにより、SAを確立するためのIPアドレスが分かるようになる。

□試験センタの解答
本社の新型ルータが各営業所の新型ルータのIPアドレスを保持し通知すること