女性直立TKIP(Temporal Key Integrity Protocol)は、WEPの脆弱性を解消するためにWEPから4つの部分を改良した後継規格です。改良点を覚える必要はありませんが、通信の途中で暗号鍵を変更している点は大きな変更点です。

とはいえ、基本的にはWEPを応用しているだけなので、根本的な解決にはなっておらず、脆弱性が認められています。
TKIPはWPAで利用され、WPA2では強度な暗号規格であるAESを使っています。
TKIPを暗号化規格と表現されていることが多いが、AESと同次元のものではない。TKIPは暗号化アルゴリズムとしてRC4を利用しており、TKIPは暗号と鍵交換の仕組みと考えた方がよいかもしれない。

ただ、あまり深く考えない方がよいでしょう。

TKIP=動的WEPとしている書き物もある。

TKIPと動的WEPの違いは、802.1x認証などの仕組みと連動してもしなくてもキーが変わるのがTKIPだが、動的WEPはそうではない。

過去問(H29秋NW午後玉2)では、TKIPに関して、以下の記載があります。
TKIPでは,暗号鍵の基になる一時鍵(Temporal Key)が動的に生成される。エンタープライズモードの場合,一時鍵は,IEEE 802.1Xの認証成功後に[ h:認証サーバ ]で動的に生成されてクライアントに配布されるPMK(Pairwise Master Key)を基に,無線LAN端末及び[ h ]の両者で生成される。TKIPでは,フェーズ1で,一時鍵,IV及び無線LAN端末の[ i:MACアドレス ]の三つを混合してキーストリーム1を生成する。フェ一ズ2で,キーストリーム1にIVの拡張された部分を混合して,暗号鍵であるキーストリーム2を生成する。キーストリーム1とキーストリーム2は,通信途中に変更される。2段階の鍵混合,キーストリームの変更によって,  WEPよりも高い安全性を実現しているが,脆弱性が報告されているので採用しない。
ここにありますように、TKIPでは、^貉鍵,IV、L祇LAN端末のMACアドレスの三つを混合して暗号キーを生成します。