フレームとは
イーサネットでは、LANにつながっている全部の端末にデータを送ります。引っ越しの際には、荷物を一定の大きさの段ボールに詰めるように、データもフレームと呼ばれるまとまった単位で送信されます。

イーサネットのフレーム構造
frame
※数字は大きさ(単位:バイト)
※タイプはフレームタイプのこと。データ部にはどんなタイプのデータが入っているかを明示する。たとえば、IPv4(0x0800)、IPv6、PPPoE、AppleTalk、NetBEUI、IPX(Nobell)など。
※実際の通信では、このイーサネットフレームの前にプリアンブル(同期をとるもの)8バイトがある。
※FCS(Frame Check Sequence)はフレームのロスなどが無いかを確認するための、CRC(Cyclic Redundancy Check)値。データ部分だけでなく、MACアドレスなどのヘッダをもチェックする。

フレームサイズは上記を足していって、
最小フレームサイズは 6+6+2+46+4=64
最大フレームサイズは 6+6+2+1500+4=1518
つまりフレームサイズは64〜1518バイトである。

イーサネットフレームの最大サイズは1518バイトと規格で決められています。
(MTUはイーサネットヘッダ14バイトとFCS4バイトを引いた最大1500バイト)

イーサネットタイプの例
EtherTypeProtocol
0x0800IPv4
0x0806ARP
0x8035RARP
0x8100IEEE802.1Q(タグVLAN)
0x86DDIPv6
0x8847MPLS unicast
0x8848MPLS multicast
0x8863PPPoE Discovery Stage
0x8864PPPoE Session Stage
0x888EIEEE802.1X (EAPOL)
0x8906FCoE