1.サーバ側の設定
・サブネット/ネットマスク
・払いだすIPアドレスの範囲
・ドメインサフィックス
・デフォルトゲートウェイ
・DNSやWins
・リース時間
・払い出し除外のIP
・固定でのIP払い出し(MACアドレスと対応)

2.CiscoのCatalystスイッチの場合の設定例
(1)設定例
Switch#configure terminal
Switch(config)# ip dhcp pool seg1  ←任意の名前を付ける
Switch(dhcp-config)# network 192.168.1.0 255.255.255.0 ←払い出すネットワークとサブネットを指定
Switch(dhcp-config)# default-router 192.168.1.254 ←払い出すデフォルトゲートウェイを指定
Switch(dhcp-config)# dns-server 8.8.8.8 ←払い出すDNSサーバを指定
Switch(dhcp-config)#exit

※スイッチでDHCPサーバの機能を有効にしても端末にIPアドレスが払い出されない場合があります。そんな場合は、スイッチにIPアドレスを設定しているかを確認してください。

(2)払出しの状態確認
どの端末(MACアドレス)にどのIPを払い出しているかは、show ip dhcp bindingコマンドで確認できます。

Switch#sh ip dhcp binding
Bindings from all pools not associated with VRF:
IP address          Client-ID/              Lease expiration        Type
                    Hardware address/
                    User name
192.168.1.1         0168.f728.***.d3       Jun 30 2019 10:01 AM    Automatic
192.168.1.2         01a0.b3cc.***.de       Jun 30 2019 09:50 AM    Automatic

上記の例だと、192.168.1.1と192.168.1.2に対して、いつ、どのMACアドレスに払出しをしたかが確認できます。

スポンサードリンク