OP25B(Outbound Port 25 Blocking)とは、直訳の通り、外部へのSMTP(25)通信をブロックする。これにより、不正メールを防止する。
実際に実行しているのはプロバイダであり、この仕組みを導入したプロバイダは、利用者にその案内を送っていることであろう。
 内部のセグメントから外部へのSMTP(25番ポート)通信を拒否するのであるが、内部のセグメントからのSMTPは、プロバイダのメールサーバからのSMTP通信のみで十分との判断からである。
 ボットネットによる被害が広がる中、自プロバイダ内の感染したPCから外部へのSPAMメールなどを防ぐ狙いである。

プロバイダ外のメールサーバに送りたい場合は、サブミッションポート587を利用しする。ただし、SMTP AUTHを利用する必要がある。
4 

なんかよくわからないんですよね。
私はプロバイダからの案内を無視して使ってます。しかもつかえています。
また、587ポートを使えば、SPAMメールも送れますよね。
この点に関しての解説は、以下を参照ください。
http://sc.seeeko.com/archives/3807120.html