データの伝送中に外部からのノイズなどにより、データに誤りが出る可能性があります。
それを検知・訂正するために誤り制御を行います。
誤り制御方式には、.僖螢謄チェック、CRC、ハミング符号、などがあります。

詳しくは以下に記載しています。
http://sm.seeeko.com/archives/cat_60251206.html