過去問では、マルチホーミングのことを「インターネット接続において、回線冗長化構成を示す用語(H16NW午前 問37)」と述べている。

また、H21NW午前2問6では、マルチホーミングの構成図が記載されている。
maruti
この問題は、「図のようなルータ1とルータ2及び負荷分散装置を使ったマルチホーミングが可能な構成において、クライアントから接続先サーバ宛てのパケットに対する負荷分散装置の処理として、適切なものはどれか」であり、正解は「あて先IPアドレスはそのままで、宛先MACアドレスをルータ1又はルータ2のMACアドレスに置き換える」