バックアップ対策を検討する際において、復旧にかかる時間や、どの時点までデータを復元できるかは大事な要素です。これらの指標として、RTO(目標復旧時間)とRPO(目標復旧時点)があります。どちらも,短時間であればあるほど,対策費用は大きくなります。

RPO(目標復旧時点:Recovery Point Objective)
 RPOは,障害発生からどの時点までデータを復旧できるかの時間です。
RTO(目標復旧時間:Recovery Time Objective)
 RTOは,障害が発生してからシステムが復旧するまでに要する時間です。

H20NW午後橘2にRTO関連の問題がある。
バックアップ対策を実施する際の要件として、RPO(Recovery Point Objective)、RTO(Recovery Time Objective)が重要である。ここでは、RPOは、障害発生からどの時点までデータを復旧できるかを表す指標とし、RTOは、障害が発生してからシステムが復旧するまでの時間を表わす指標とする。どちらも、短時間であればあるほど、費用は大きくなる。

RTOとRPO