過去問(H21春AP午後-問5)にてDHCPメッセージのやり取り手順が述べられている。
DHCPtejun
1)DHCP DISCOVER クライアントがサーバを探す(Discover)。ブロードキャスト。

2)DHCP OFFER DHCPサーバからDHCPクライアントに対し、このIPでどうか?と提案(Offer)を出す。ユニキャスト。Offerの中にはIPアドレスだけでなく、サブネットマスクやDNSなどのオプション情報も含まれる。

3)DHCP REQUEST クライアントからの了解を送る。ブロードキャスト。

4)DHCP ACK ユニキャスト
※2)と4)はMircosoft社のDHCPサーバとISCのDHCPサーバによってユニキャストでは無い場合がある。
dhcpの流れ、offerからACKまでの手順

女性目閉じる

上記の1)DHCP DISCOVERでは、DHCPサーバが分からないのでブロードキャストする必要があります。
しかし、なぜ3)DHCP REQUESTもブロードキャストする必要があるのですか?
DHCPサーバが複数存在する場合があります。その場合、IPアドレスを決定したことをセグメント上に伝える意味があります。そうしないと、他のDHCPサーバは、何度もクライアントにIPを払い出そうとしてしまう。
女性直立

話は変わりますが、
DHCPサーバが複数台あっても問題ないのですか?
基本的には上記のDHCP REQUESTでブロードキャストを利用していることにより問題は発生しない。クライアントはどのDHCPサーバを選択するかというと、フレームが速く到着したものを採用する。
ただ、各DHCPサーバソフトを提供している会社は推奨していない。障害が発生する可能性があるからだ。Linuxではそのための冗長化(フェールオーバ)の機能を提供している。

◆おまけ
DHCPでIPアドレスを取得できなかった場合、Mircosoft社の製品ではAPIPA(Automatic Privete IP Addres)による自動プライベートIPアドレス(169.254.X.X)が割り振られる。ただ、このIPアドレスでは他のPCと通信はできない。