フレームフォーマットを確認しましょう。
その前に、今はどの部分を見ているのか、L2のイーサネットフレームから順に理解しておきましょう。
frame
 項目長さ(bit)説明
1送信元ポート番号16 
2宛先ポート番号16  
3シーケンス番号 32 ・0から始まるわけではなく、コネク
ション確立時に乱数を用いて決定
される。
・取りうる値は、32ビットなので、
0〜2の32乗-1。これにより、パケ
ットの順番を制御する。
4確認応答番号 32 
5データオフセット TCPヘッダの長さを示す
6予約  
7フラグ 6・順にURG,ACK,PSH,RST,SYN,
FINフラグがある。
・URG(Urgent)は緊急を示す。緊急
で処理すべきパケットの場合は、
URGフラグを1にする。
・ACKとSYNは3ウェイハンドシェイク
で利用するから有名ですよね。
・RESETは強制終了で、IDSなどで
TCP通信を強制切断する際に利用
するフラグ。
・FINは3ウェイハンドシェイクを終了
させるときに利用する。
8ウィンドウサイズ16 ウィンドウサイズを指定
9チェックサム 16 
10緊急(Urgent)ポインタ16URGフラグがONの場合、ここに緊急
データのサイズを指定できる。
11オプション可変 省略可
12Padding 可変 詰め物。省略可 
毎度のことですが、Wiresharkでキャプチャして確認しましょう。以下は、ブラウザからyahoo!のサイトを見た場合のキャプチャです。実際のデータを見ると、より理解が深まることでしょう。
tcp

TCPのヘッダに関して、過去問があるのでチャレンジしていただきたい。はっきり言って難しい。とても午前問題とは思えない。
【H19NW午前 問30】
TCPのデータ転送に関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア ウィンドウサイズはACKを待たずに送信できるデータ量で、ネットワークごとに一定の値が決められている。
イ 順序番号は送信データストリーム中のセグメントのオクテット位置を示し、0〜2の32乗-1の値をとる。
ウ 制御ビットフィールドの緊急フラグが有意のセグメントは、そのセグメントを緊急に送るべきであることを表すが、緊急データの長さを指定することはできない。
エ パケットの重複や順序誤りなどのエラーを検出するためにチェックサムの計算を行う。

 正解:イ