試験センターのサイトに解説がある。
http://www.jitec.ipa.go.jp/1_13download/guidebook_pdf/guide_200702_19.pdf
いくつか抜粋する。
急速に進む情報技術に柔軟に対応し、質の高い試験を維持するため優秀な専門家378 名(平成19 年1 月4 日現在)からなる試験委員会を当試験センターに設置し、試験問題作成、採点、合格候補者の確定作業を厳正、公正に行っています。
試験委員は、情報サービス産業、一般企業、学会・大学など第一線で活躍されている方々であり、理論に基づいた高品質の試験問題、実務に基づいた実践的な試験問題を作成しています。
※「実務に基づいた実践的な」という部分は大切なキーワードである。学問的な内容ではなく、実務に基づく出題である。

また、問題は何度も議論されていることが分かる。詳しくは以下 
試験問題は、一人の委員がそれらしく作ったらそれで完成するようなものではない。問題作成担当の委員会でじっくり揉む。委員会でこれなら出題できる水準だと認定されて、初めて出題候補として登録され、選定担当の委員が検討する対象になる。選定の段階で再検討となる出題候補も多い。うまく選定され、出題問題になると、試験のテーマ・表現として適切か、別の専門委員のチェックを受ける。このサイクルを複数回廻して、やっと完成する。この間で、いわゆるβ試験にも供される。解答者は試験委員仲間たちだ。問題により数名から数十名が、試験のときと同様に解答してみて、所定の時間内に適切に解答できるかどうかチェックすると共に、気がついた事項をコメントする。β試験は問題を一流の完成品にするための実践的な、そして大変重要なステップである。

このβ試験、正式名称もあるが、一部の委員仲間では「モルモット」と愛称されている。

 例えば、ある区分の午後2問題の場合、モルモットが10 数名いる。モルモット達は問題を解きながら、「何かおかしい」と感じてコメントすることもある。そのようなところには、実務上何か不自然なところがあるもの。その原因を追究して、修正して出題する。
 モルモットは採点者泣かせの解答も考える。この問ではこういう別解も考えられるがそれを不正解だと言えるのか、と挑んでくる。想定外の解答の多くは、この段階で問題修正され、排除されていく。
ef6167f8.jpg


そんなに議論されているんでしたら、別解はほぼないんでしょうね。
また、試験は約1年の歳月をかけて作成される。
sakumon