特にネットワークの仕事をしている人であれば、仕事をしっかり行うことは、合格の近道である。
逆に、仕事でネットワークの案件を幅広くバリバリやっている人であれば、勉強時間が短くても合格できるであろう。
 恐らく、仕事は山のようにあるわけだから、「仕事をください」と言えば、上司は喜んであたえてくれるだろう。そこで、自分の力になりそうな仕事があれば、多少忙しくても積極的に手を挙げよう。会社にも貢献できるし、自分のスキルアップにもつながる。まさしく一石二鳥である。
 もったいないのは、試験の勉強とネットワークの仕事を完全に分断してしまう場合である。うまく相乗効果が図れるので、今一度シナジーが図れているかを確認してほしい。