・Ajax (Asynchronous JavaScript + XML)は、エイジャックス(またはアジャックス)と読む。Asynchronousは非同期という意味で、クライアント側とサーバ側が非同期。
リッチクライアントの技術の一つ。
・旧来のシステムは、クライアントサーバ(C/S)型のシステムが多かった。
クライアントにシステムをインストールし、クライアント側で多くの処理をする形態である。最近では、WEBアプリケーションが多く、クライアント側にはブラウザしかないというアプリケーションが増えていた。リッチクライアントは両者の中間に位置するものだ。WEBアプリケーションは、WEBであるためにソフトの配布がとても簡単である。しかし、操作性はC/Sシステムには到底及ばない。そこで、FlashやAjaxなどの最新のWEB技術を使って、操作性を高めたのがリッチクライアントである。

・H21NW午後1問2では、ajaxが穴埋めで問われた。
JavaScriptの非同期通信の機能による、画面遷移が起こらない動的なユーザインターフェースを実現する[ ア ]と呼ばれる技術を使ったWebメールの評判が高い。

ここで、非同期通信という言葉がひっかかってはいないか。Webアプリケーションは、処理するたびにサーバに接続にいくので、“同期”と考えられる。一方、JavaScriptでは、クライアント側でのみ処理をするので、都度サーバに問い合わせする必要がない。よって、“非同期”という見方ができる。