ネットワークスペシャリストという難関試験を突破するには、勉強時間の確保が大事になる。
忙しいサラリーマンの場合、すきま時間がとても貴重な勉強時間だ。
電車に乗っている時間、バスを待つ時間、昼休憩の時間などのちょっとした時間である。

しかも、そのすきま時間を有意義に使わなくてはいけない。惰性で勉強してはもったいない。
また、電車の中で、午後問題を解くのは難しい。答案を紙に書いてこそ、午後の勉強は意味があるあkらだ。

そこで、すきま時間を有効に使うために準備が必要だ。
たとえば、すきま時間に何を勉強するかを決める。小さいことであるが、電車で勉強できるように参考書や問題集を小さくきっておく。そして、カバンからサッと取り出し、片手で持てるサイズにする。右手ではペンを持ってるようにする。

出張・旅行は車よりも新幹線をつかう。まるまる勉強できるからだ。通勤時間に午後2は無理。復習にあてるか、参考書を読む時間にする。

阪神の絶対的な守護神である藤川球児の著書「未熟者」の中で次の文があった。
「バンドが転がってきて跳ねたらイヤと思うところの土を、絶対にならしにいく」
そいう細かなところまで徹底してクローザーとして抑える”準備”をしている。