問10 DNSでのホスト名とIPアドレスの対応付けに関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 一つのホスト名に複数のIPアドレスを対応させることはできるが,複数のホスト名に同一のIPアドレスを対応させることはできない。
イ 一つのホスト名に複数のIPアドレスを対応させることも,複数のホスト名に同一のIPアドレスを対応させることもできる。
ウ 複数のホスト名に同一のIPアドレスを対応させることはできるが,一つのホスト名に複数のIPアドレスを対応させることはできない。
エ ホスト名とIPアドレスの対応はすべて1対1である。
(H22NW午前2問10)

・「一つのホスト名に複数のIPアドレスを対応させる」のは、DNSラウンドロビンによる負荷分散でよく利用される。
・「複数のホスト名に同一のIPアドレスを対応させる」のは、サーバ一台で、複数のドメインを運用しているパターンで、IPアドレスの節約、コスト削減から、レンタルサーバ事業者では当然の仕組みである。

正解はイ