過去問では、GREに関して以下の記述がある。
最初に,現在使用しているPCのOSが標準でサポートしているVPNプロトコルのPPTPについて調べてみた。このプロトコルは,PPPパケットにGRE(Generic Routing Encapsulation)ヘッダと呼ばれるヘッダを付けてカプセル化する方式である。GREを使うことによって,(ア)を転送できるので,各種のアプリケーションに対応できる柔軟性をもつ。GREはポート番号情報をもたないので,ルータ経由でインターネットに接続する場合に問題が発生することがある。この問題に対応するためには,(イ)機能をもったルータが必要になる。(H20NW午後玉1より)

IPsecだと、OSPFのHelloパケットが送られない。そこで、GREによってHelloパケットのようなブロードキャストパケットを送信できるようにする。
これは、WAN越えでOSPFを動作させるときによく行う設定である。
それを知っている人は即答できたかもしれない。また、知らなくても、ほかの解答があまりないので、書けた人もいるだろう。
(ア)はイーサネットフレーム
(イ)はVPNパススルー(または、PPTPパススルー)

以下の過去問(H28秋NW午後玉2)には、GREのパケット形式も含めて記載があります。
〔トンネリング技術の調査〕
ネットワーク層のプロトコルをトンネリングするプロトコルには,GRE (GenericRouting Encapsulation)があり,データリンク層のプロトコルをトンネリングするプロトコルには,L2TP (Layer 2 Tunneling Protocol)がある。
J君が調査した結果, OSPFのリンクスデート情報の交換パケットをGRE又はL2TPでカプセル化すれば,そのパケットはIPsecでカプセル化できるので,インターネットVPNでOSPFを稼働できることが分かった。
そこで. J君はまず,GREを調査した。
GREは,  RFC 1701, RFC 2784で仕様が公開されている。GREは,ネットワーク層のプロトコルのパケットをカプセル化して転送する機能をもつ。 GREでは, IPブロードキャストもIPマルチキャストパケットもカプセル化して転送できる。カプセル化とカプセル化の解除は,  GREトンネリングを行う両端の機器で行われる。IPパケットがGREでカプセル化されたときのパケット形式を,図3に示す。
180417_H28秋NW午後玉2_図3
 IPパケットをGREでカプセル化すると,カプセル化された元のパケットの宛先への[ エ:経路 ]情報をインターネットがもたなくても,元のパケットによるエンドツーエンドの通信が可能になる。GRE利用時の通信例を図4に示す。
180417_H28秋NW午後玉2_図4
 図3に示したカプセル化によって,図4中の,GREトンネルインタフェースのMTUは,イーサネットインタフェースのMTUよりも24バイト小さくなる。このとき,図4中のPC及びサーバのイーサネットインタフェースのMTUサイズを適切な値に変更することによって,パケットの[ オ:断片化 ]を防げる。