◆1.スコアを教えてください。
午前 85.00点
午前 96.00点
午後 91点
午後 86点

◆2.何回目の受験ですか?
2回目

◆3.受験の動機は何ですか?
職場が変わってから資格が重視されるようになったし、自分のためにもなるかなと思って。

◆4.役に立った勉強教材を教えてください。
午前機―蕕瓩銅ける応用情報技術者 (日本経済新聞出版社)
午前供_甬醋筺幣霾鵐札ュリティの過去問も)
午後気噺畍絖供ITECの予想問題集

◆5.過去問は何年分を各何回実施しましたか?
昨年:4年分を3回ほど
今年:昨年の午後問題を2回くらい見直し

◆6.最新技術の勉強はどれくらい行いましたか?
802.1xと検疫NW:雑誌やホームページで勉強
仮想化:業務で体験したことや、仮想化大全2010(2008から読んだほうがよいかも)で勉強
メール、DNS関係:SPF/DKIMやDNSSecを中心に勉強
IPv6:正直あまり勉強してません。概要把握レベル

◆7.模試は受けましたか?また、受けた方が良いですか?
以前はあまり試験を受けてなかったので、慣れと、記述のコツをつかむために、去年、一度だけITECの模試を受けました。時間配分や出題傾向がわかってよいかと思います。

◆8.本試験では、どのように問題選択をしましたか?
午後
 去年まで4問中3択だったのが、今年から3問中2択になり、時間に余裕ができました。問題を見て、問1が簡単そうだったので選択を決めて、問2と問3を比べて、LBよりもメールの方が解きやすいかなと思い問2にしました。

午後
 去年、午後兇呂△10点足りずに不合格になりました。
 問題選択的に、記述部分の傾向が以下のような印象を受けました。
 問1:高度だったり新しいけど、出題者の答えてほしいことがわかりやすいものが多い
 問2:運用や検証に関する記述があり、人によって違う答えが想定されるものが多い
   (運用系、検証系の問題のほうが、出題者が答えてほしいことが、推測しづらい)
 注:上記はあくまでも個人の感覚や印象です。
 
 去年問2で失敗したので(特に最後のほうの検証で配慮する点とかの問題は、出題者の気持ちがわからなかった)、同じような傾向なら、なんとなく、はじめから問1にしようかなと思ってました。
 今年、解答用紙を見たときに、運用体制図を描くところがあったので、やっぱり問1にしようと思いました。
 一度決めたら、途中で変更しないことが大切です。

◆9.合格に最も大切なのはズバリなんでしょう。
最もかどうかわかりませんが、一つの問題集を買ったら、(解ける自信のないものにはチェックをつけて)3回以上やることだと思います。

◆10.最後に一言お願いします。
【勉強方法について】
私の場合は、参考書をがんばって最初から読むより、解説の詳しい問題集をやってみて、わからないところを参考書やGoogleさんに教えてもらう方法で勉強しました。
(その意味では、解説⇒例題の繰り返しのような構成の本は、あまり自分のやり方には合わない形式でした。itec予想問題集が一番合ってたと思います。)

問題集は、わからない問題のみチェックマークをつけておいて、電車の中など短時間でも復習できるようにした状態のものを何度も繰り返しやると、そのうち覚えてしまいます。
(※答えじゃなくて、必要な前提知識とか、答えを出すための考え方を覚えてしまうという意味です。)

短時間に、午後問題の勉強ができるという意味では、下記の本がよかったです。(昨年度の本ですが)
テクニカルエンジニア 情報セキュリティ[午後]オリジナル問題集 2008年度版

午後問題は、限られた字数の中で、出題者の意図に沿った回答ができるようになるために、問題集を自力で回答し、模範解答を見て修正するという作業をやりました。
(午後気量簑蠅覆30分くらいで解けるので、1日2問程度。1冊の本を3回やることを目標に。)

【出題について】
ご存知のとおり、午前がかなり変わりました。
午前気榔用情報技術者の問題集とかで勉強できると思います。
 私は工学部出身じゃないので、補数とか論理回路とかは理解するのに結構時間かかりました。
 あと、データベースも業務でやってないので、二層コミットとかロールバックの用語を正確に理解するのも結構時間かかりました。
 業務でやってないところはがんばって覚えるしかないです。

午前兇呂爐靴躋擇砲覆蠅泙靴拭
 テクニカルエンジニアの過去問で十分な合格点が取れます。

午後気鰐簑蠖瑤減って、午後兇狼酣までよりも出題者の意図がわかりやすくなって、楽になりました。

【午後問題のジャンルについて】
レガシーな問題としてメール・DNSは今後もいろんな問題に出ると思います。
新しい傾向でSPFやDNSSecが今後入ってくるかもしれません。
あんまり、スパムとかRBLとかが出てないのが不思議ですが。

いままでの傾向を見ると、802.1x(認証LANと検疫NW)、VOIP、WAN最適化は今後も1年おきくらいで出るような気がします。

これに加えて、仮想化は高い確率で出るのではないかと思います。
最近ではストレージのシンプロビジョニングとか重複排除の製品が増えているので、そのあたりを仮想化と組み合わせてBCPとかで出るかも知れません。

最近の流行語でクラウドとかパンデミックがありますが、クラウドはSaaSについてはアプリケーション寄りなのであまり出ないでしょうし、IaaSは仮想化を理解していれば大丈夫かと。
パンデミックもSSL-VPNなどを理解していればよいかと。仮想化と組み合わせてDaaSとかVDIで出るかも知れないですが、仮想化を理解していれば大丈夫かと思います。

全体的に、既存環境からの移行とか、トラブル対応が増えているような気がします。
なんか、ネットワークっていうより、サーバの資格みたいになってますね。