呼制御プロトコルには、SIPとH.323がある。SIP (Session Initiation Protocol) を直訳すると、「セッションを開始するプロトコル」。セッションを制御する「呼制御」が目的で、実際の通信は別のプロトコルになる。

 試験で問われるのはほとんどがSIPである。
SIPはテキスト形式で記述をするなど、わかりやすいシンプルな仕組みである。一方、SIPはH.323はバイナリ形式で記述するなど、複雑である。ただ、旧来から使われてきた技術である。
過去問(H17年NW午後1問3)にSIPに関する記述があるので紹介する。
〔呼制御プロトコルに関する検討〕
 IETF (Internet Engineering Task Force)は,IPネットワーク上で電話の呼制御を実現するプロトコルとして, SIP (Session Initiation Protocol)の標準化を進めている。  
 図1は,電話端末Xが電話端末Yに発呼してから電話端末Xが呼を切断するまでの,SIPによる呼制御シーケンスを示したものである。
  (中略)
 電話端末がVoIPによる通信を行うためには,通信相手の電話番号から電話端末のIPアドレスを知る必要がある。このアドレス解決手段を提供するのが, SIPサーバである。
 アドレス解決が完了レ通話が開始された状態では,音声ストリームの経路は[ ア ]ので,電話端末とSIPサーバ間は広い帯域を必要としない。したがって,SIPサーバの設置場所に関しては自由度が高い。
 また,SIPは単に通話機能を実現するセションだけでなく,テレビ電話やパソコン(以下,PCという)画面の共有などの機能を実現するセションと組み合わせて利用できるなど,拡張性をもっだプロトコルとなっている。この拡張性は, SIPが通信相手とのセション確立開始時に,[ a ]リクエストのセション記述で,「 イ ]を通知することによって実現している。
 以上のような特長から,今回のコールセンタシステムの呼制御プロトコルとしては,将来のサービス拡張を考え、SIPを採用した。
■正解は以下である。
a INVITE
ア 
・SIPサーバを経由しない。
・電話端末聞で直接送受信される。


・確立を希望するセションの種類
・セションで使用したいメデイア機能
・セションで使用したいプロトコル
1

では、SIPサーバではどんな情報を管理していますか?
ユーザ、電話番号、URI(Uniform Resource Identifier)例としてuser1@XXXX.com、呼の状態(話中なのか) などである。

また、通信においては、電話番号→URI→IPアドレスへの変換が必要となり、SIPがDNSの仕組みを使って、これらを実現する。