過去問(H23NW午後玉2)に、DNSのゾーンファイルの例があるので掲載する。
$TTL 86400 ;1日 ←
@ IN SOA ns.y-sya.example.co.jp. hostmaster.y-sya.example.co.jp.(←
  2011090101 ; serial番号 ←
  43200 ; refresh 時間(12時間) ←
  1800 ; retry 時間(30分) ←
  604800 ; expire 時間(7日) ←
  10800 ); negative cache 時間(3時間) ←
IN NS ns.y-sya.example.co.jp. ←
IN MX 10 mail.y-sya.example.co.jp. ←
一つ一つ解説する。
,聾紊竜事で詳しく記載した。
△牢浜情報と考えればいいだろう。前半はDNSサーバの名前を記載。hostmaster.y-sya.example.co.jpは、管理者のメールアドレスがhostmaster@y-sya.example.co.jpという意味。
serial番号。セカンダリDNSサーバは、この値が増えていたら、DNS情報が変更されたと判断する。内容を変えても、この値を増やさなかったら、セカンダリDNSは情報を取得しない。年月日+通番で記載することが多い。
ぅ札ンダリDNSサーバが、プライマリDNSサーバに情報を取得する間隔
ゾ綉い失敗した場合のリトライ間隔
上記に失敗し続けた場合、このゾーン情報を廃棄するまでの時間。TTLは、端末側のキャッシュであるので、別物。
Negative cache(MINIMUMと表現されることもある)は、引けなかった情報のキャッシュ時間である。
3
よくわからないのですが、
パソコンが、引けなかった情報をキャッシュするのはわかります。
でも、DNSサーバは自分が情報を持っている側ですよね。
だったら、引けなった情報のキャッシュってなんですか?
このNegative cacheはDNSのキャッシュサーバでのみ利用される。TTLが成功したDNS情報のキャッシュ時間。Negative cacheは引けなかったDNS情報のキャッシュ時間なので、ペアで考えるとわかりやすいだろう。

問題
Q.セカンダリDNSサーバが、ゾーンデータファイルをコピーすべきか否かをチェックする時間間隔を答えよ(H23NW午後玉2設問4(3))

↓マウスをドラッグしてください。
A.43,200秒(12時間)
リフレッシュ(refresh)間隔で設定された時間である。