■問1
冗長化の仕組みや技術を、以下の分類で列挙してください。

(1)物理的
(2)レイヤ2
(3)レイヤ3
(4)上位レイヤ

■答1
以下が代表的なものになります。この分類で覚えることが大事ではなく、それぞれの言葉を理解した上で、自分の中で整理することが大事です。こうすることで、バラバラに覚えていた知識が体系だてて分かるようになります。
(1)物理的
 ・スタック
 ・RAIDやミラーリング
 ※電源やファンの冗長化は、「仕組み」や「技術」とは言えないので、ここでは無しとします。現場では大事な概念です。
(2)レイヤ2
 ・STP
 ・リンクアグリゲーション
 ・チーミング
(3)レイヤ3
 ・VRRP
 ・ルーティングによる冗長化(OSPFなど)
(4)上位レイヤ
 ・負荷分散装置
 ・DNSラウンドロビン
 ※その他、各種ミドルウェア等による冗長化の仕組みがあります。例えばDBの冗長化、クラスタリングなど。

■問2 これらの技術の中で、冗長化だけでなく、帯域増大などのスループット向上にも寄与するものは何か?

■答
Active-Stanbyでないものは、スループット
向上に寄与します。

・リンクアグリゲーション
・チーミング(Acive-Activeの場合よる)
・ルーティングによる冗長化(OSPFでコストを同じにしてロードバランスした場合)
 ・負荷分散装置
 ・DNSラウンドロビン