プロキシサーバを利用するためのパソコンの設定として、過去問(H18NW午後1問2)では、以下のように述べられている。
プロキシサーバを利用するには,PCのWebブラウザにプロキシサーバの情報を設定する必要がある。その方法としては,プロキシサーバのIPアドレスを直接設定する方法と,プロキシサーバの利用情報を定義したファイル(以下,自動設定ファイルという)をWebサーバに登録し,その登録場所のURLをPCのWebブラウザに設定する方法とがある。B君はこれらの方法を比較し,自動設定ファイルを用いる方法を採用した。
1 
 

自動設定ファイルって、確かpac(proxy auto config)ファイルですよね。
メリットはありますか?
プロキシサーバのIPアドレスが変わっても、端末(パソコン)の設定変更をしなくて済む。パソコンが1000台などとたくさんある場合には、設定が大変だよね。
まあ、この点に関しては、IPアドレスを直接指定するのではなく、FQDNで指定しすればこの問題は解決する。
では、PACのメリットは何か?
メリットは、プログラムを書いたり、複雑な設定ができることである。たとえば、サーバAが落ちたらBに行くとか。大規模なネットワークでは、pacを使うことが多くなる。