ブロックポートの決め方
・ルートブリッジは、ネットワークの状態を自分を中心としたツリー構造として把握する。
・一定間隔でBPDU(Bridge Protocol Data Unit)パケットを交換する。ルートブリッジ以外は転送するだけ。RSTPでは全スイッチが相互に交換する仕組みとなり、高速な収束を可能にしている。
・最小のブリッジID(プライオリティ+MACアドレス)を持つ機器がルートブリッジ。デフォルトのプライオリティは32768
 [BID(8byte)]=[ プライオリティ(2byte)][ MACアドレス(6byte)] で構成されるため、MACアドレスよりもプライオリティが優先される。
・ステータスは ブロッキング(20秒)→リスニング(15秒)→ラーニング(15秒)→フォワーディング
 RSTP(802.1w)ではブロッキングやリスニングをまとめてディスカーディングとしている。
・ブロッキングポート(非指定ポート)の決め方。
 1)各スイッチで、ルートブリッジに最も近いポートがルートポート
 2)各セグメント(機器と機器をつないだ線)で、ルートブリッジに最も近いポートが指定ポート
 3)それ以外がブロック(非指定)ポートでブロックされる。

※ややこしいが、実際には結構シンプル。ルートブリッジに最も遠いところがブロックされるだけ。

過去問にて
STPによる経路に関する出題があるので紹介する。
【H20NW午前 問44】
図は、レイヤ2スイッチによって、スパニングツリープロトコルを用いて構成されるLANを示す。各スイッチにブリッジプライオリティ設定値は等しく、パスコストは10Mビット/秒ポートに100、100Mビット/秒ポートに19が設定されている。PC1とPC2の通信に使用される経路はどれか。ここで、i,j,kはそれぞれ同じ数値を示す。


stp
本来は4択であるが、自分の言葉で解答を考えてほしい。

正解:スイッチA-C-Bを使用

※H20NW午後1問4には、SWのブリッジのプライオリティの決め方を問う問題があった。
ブロックされたポート(NDP)では、フレームの転送は行わない。
女性ハテナ 

NDPのつながっている両方をNDPとしてブロックしては?
どうせ、通信はしないんでしょ。
NDPはBPDUの受信をするが、送信もしない。BPDUを交換しないと、STPのトポロジー変更に対応できない。なので、両方NDPにするのではなく、片方は、BPDUを送信するDPにする。

過去問(平成25年NW午後玉1)を解いてみよう
・L2SWとL3SWでは,  STP (Spanning Tree Protocol)が動作している。L3SW1をルートブリッジとするために,L3SW1のブリッジIDは〔 イ 〕の値となっている。

スパニングツリーは、言葉の通りツリー(tree)構造になっています。そのツリー構造の根(root)、つまり起点になるのがルートブリッジです。ルートブリッジとなるためにはブリッジIDがどのような値であるべきかを問われています。ルートブリッジとして選出されるのは、最小のブリッジIDを設定されたスイッチと決められています。

解答:最小