情報システム部内でDNSラウンドロビン方式について議論したところ,次の指摘を受けた。
・。廝紕皀機璽个良蕾戮鳳じた分散ができない。
・▲如璽織札鵐晋両禹に、故障しているデータセンタへWebアクセスが継続する。

 [Question13] 本文中の下線,陵由を, DNSラウンドロビン方式がWebアクセス数を分散する方式であるという観点から,30字以内で述べよ。(設問2(3))



A13 Webサーバの状態を確認せずに振り分けをするからだ。このあたりはDNSラウンドロビンの基本的な性質である。試験センターの解答例は「Webアクセス数とWebサーバの負荷が比例しないから」


[Question14] 本文中の下線△陵由を述べよ。



A14  こちらも、DNSラウンドロビンの基本的な欠点である。先ほどのDNSレコードを見てもらえばわかる。あるサーバがダウンしてても、DNSの応答を返してしまうからだ。


[Question15] 本文中の下線△了象を回避するために,故障時にDNSサーバで実施する設定変更の内容を,40字以内で述べよ。(設問2(4))



A15 こちらも、DNSラウンドロビンの基本的な対処だ。故障したサーバのAレコードを削除する。スクリプトを組む場合もあるだろうし、本当に手作業でやる場合もあるだろう。
試験センターの解答例は、「故障したデータセンタの仮想サーバのIPアドレスのAレコードを削除する」