IPv4の枯渇に対応する技術で、ラージスケールNAT(LSN:Large Scale NAT)とも言われる。

IPアドレス不足を補うため、各家庭や企業ではグローバルIPアドレス1つをNATすることで、複数のPCからインターネットへのアクセスを可能にしている。技術的にはNAT、NAPTを利用している。

この技術を、各家庭や企業単位ではなく、プロバイダ単位で実行すればIPアドレス不足に対応できるという考えである。現に、CATVでは一部利用されている。

通常、一般家庭ではサーバを公開することがないため、ほとんどのケースで対応できるであろう。
しかし、サーバを公開するパターンやNATでは対応できないアプリケーションを使う場合には対応できない。また、常にNATを使用することから、プロバイダ側の処理スペックの問題、(ISPと家庭で)多段にNATするので、割り当てをルール化しないとつながらないケースもでてくる。
また、NATするにも、ルータ側でセッション情報を保持(管理)する必要があるため、ある程度セッション数の制限が必要になるだろう。某大手通信事業者などの実験によると、Webアクセスでページが欠落したり、オンラインゲームが正常に動かないなどの問題が発生するという。

一時的な延命策であるが、モバイルのキャリアなどでは大規模に利用されているようだ。モバイル利用者にグローバルIPを渡すのは無理なのだろう。

CGNのIPアドレス範囲は100.64.0.0/100が使われるように定められたと思う。
cgn