■復元答案■
復元答案をいただいた。試験直後に作成いただいたので、ある程度の精度と考えられる。ただ、いくら急いで書いても、人間は忘却曲線にしたがって忘れていく。なので、あくまでも参考として考えていただきたい。
A氏の点数はフィードバックされているため、採点はそこから推測した。目安としてかんがえてほしい。
見ていただくとわかるが、かなり甘い採点だ。実際では、このように甘い採点なのであろう。


平成24年度 秋期 ネットワークスペシャリスト試験
問2
設問  予想配点解答例A氏答案筆者採点得点
1(1)2802.3823×
2PSEPSE2
2PoEPoE2
24,5,7,84,5×
2IEEE802.3atEPoE×
(2)5(省略)(省略)5
2(1)5(PC1 -> AP1 -> ) L2SW1 -> L3SW1 -> WLC -> L3SW1 ->( L3SW2 -> サーバ1 ) (PC1 -> AP1 -> ) L2SW1 -> L3SW2 -> WLC -> ( L3SW2 -> サーバ1 )×
(2)5データ用通信はWLCを経由していないので,影響はない。データ用通信はノード間で行うため、そのまま通信できる5
(3)3PC再起動他の認証VLANへ接続を行ったとき×
3ローミング他のサーバへアクセスを行ったとき×
3(1)5WLCの障害時に無線LAN経由の通信ができなくなるからWLCが故障すると通信ができなくなるため5
(2)2WLCの処理能力WLCが管理できるAPの数の上限2
2広域イーサ網の帯域ネットワークを隔てて管理を行う場合の処理速度1
(3)5本社無線LANの通信もBCを経由し,BCの広域イーサ網の通信量が増加する。本社の無線LANからDCのサーバへアクセスを行う時、BCのWLCを経由する必要がある5
(4)5本社からDCへの通信が,BCを経由しなくなる。本社とBCのAPいずれからもDCのみへアクセスを行うだけで済む5
5032