ユビキタスという言葉の正確な定義は不明であるが、いつでも、どこでも利用できる的な意味がと考えている。

総務省はのu−Japan政策において、「e」から「u」へというテーマで、以下の記述がある。
「u−Japanでは、これまでの有線中心のインフラ整備から、有線・無線の区別のないシームレスなユビキタスネットワーク環境への移行を目指しています。有線から無線、ネットワークから端末、認証やデータ交換等を含めた有機的な連携によって、あらゆる場面で継ぎ目なくネットワークにつながる環境を整備します。その結果、ネットワークが生活の隅々にまで融け込む草の根のようなICT環境が実現します。」

(総務省の以下のURLより引用)
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ict/u-japan/new_outline01b.html