IPv6アドレスの種類
IPv4との比較も含めて、以下の表に記載する。
IPv4IPv6
ユニキャスト・グローバルユニキャストアドレス
・ユニークローカルユニキャストアドレス 
・リンクローカルユニキャストアドレス
マルチキャストマルチキャストアドレス
ブロードキャスト廃止
エニーキャスト-

ユニキャスト
IPv4と同じで、一つのアドレスに送信する。
2001::/16など
以下の3つがある。
・グローバルユニキャストアドレス(IPv4でいうグローバルIP)
・ユニークローカルユニキャストアドレス(IPv4でいうプライべ―トIP) 
・リンクローカルユニキャストアドレス(IPv6独自の概念)

マルチキャスト
IPv4(224.0.0.0/4)と同じで、複数のアドレスに送信する。
ffで始まる。
例1 ff02::1(全ノード向け。v4のブロードキャストと同じ)
例2 ff02::2(全ルータ向け。)
※ちなみに※fは「1111」である。

ブロードキャスト
IPv6からは無くなった。マルチキャストとエニーキャストがカバーするが、基本的にはマルチキャストが対応する。

エニーキャスト
実は概念が明確になっていない様子で、今のところは忘れてよい。全く新しい概念で、一つのIPを複数の端末が共有する。ブロードキャストと違い、応答するのは一番近いIFのみが応答する。
複数のサーバを管理し、エニーキャストで負荷分散のような機能を実現できると思う。

■ループバック
IPv4 127.0.0.1など(?)
IPv6 ::1/128 ※0000・・・0001

スコープ
スコープという概念ができた。これは、IPv4にはない。
リンクローカルスコープ
あるリンクのみで利用される。ルータを超えない。
(例)リンクローカルユニキャストアドレス
リンクローカル(ブロードキャストドメイン内の、隣接するネットワーク)で利用できるIPアドレス。
これがあれば、ルータなどで区切られていないネットワーク内の通信が可能になる。
アドレス体系はfe80::/10 
プレフィックスは常にfe80::/64 

グローバルスコープ
通常のアドレス
例、グローバルユニキャストアドレス