全般
・MAC(Media Access Control)アドレス
・端末単位ではなく、NIC単位である。
・プライベートIPアドレスと違って重複が無く、世界でユニークである。
・MACアドレス認証による認証として広く使われる。MACアドレスをツールによって変更することが可能なため、認証としての脆弱性はある。しかし、ID/PASSやソフトなどを用いずに認証できるという手軽さから、意外に利用されている。

フォーマット
48bitからなり、00-11-22-33-44-55のように1バイト毎に「-」や「:」で区切って表記されることが多い。

前半(24bit)
・Organizationally Unique Identifier (OUI)。ベンダーを識別するベンダ―コードという言葉の方がなじみ深いかもしれない。
・8bit目(※イーサネットの伝送順は1番目):I/Gビットで、ユニキャスト(0)かマルチキャスト(1)かを設定する。通常はNICに割り当てるので、ユニキャスト(0)となる。
・7bit目(※イーサネットの伝送順は2番目):U/Lビットで、ユニバーサルアドレス(0)かローカルアドレス(1)を設定する。通常はIEEEに登録した企業にて割り当てられたものになるため、0になる。
 
後半(24bit)
 OUIを割り当てられたベンダーがNICごとにユニークに割り当てる機器コード。

3
前半24bitのI/Gビットの意味が分かりません。
MACアドレスは、端末のNICに割り当てるものでしょ。ユニキャストかマルチキャストという概念なんて無いのでは?
ユニキャストで通信する場合はMACアドレスが0になって、マルチキャストで通信する場合はMACアドレスが1に変化するという意味ですか?
確かに分かりにくいね。MACアドレスは、狭義のMACアドレス(端末のNIC割り当てられるもの)と、広義のMACアドレスがあると考えてみると分かりやすいかもしれない。(※広義、狭義の考え方は正式ではないので注意)。広義のMACアドレスは、イーサネットフレームのMACアドレス部分に設定するもの。そう考えると、ブロードキャストアドレス(FF-FF-FF-FF-FF-FF)や、マルチキャストアドレスも含まれることになる。
実際、マルチキャストMACアドレスは「01-00-5E」で始まると決められている。前半の01部分(16進数表記)を2進数表記にすると「00000001」となり、I/Gビットが1(マルチキャスト)になっていることが分かる。

■MACアドレスのフォーマット
3

ネットワークスペシャリスト試験の過去問(H25年NW秋午後1問2)では、以下の出題がある。
MACアドレスの上位( b )ビットには,OUI ( 〔ウ〕 に固有の値)があるが,端末の機種名を付け加えることによって,端末の特定がより容易になる。

〔b〕
MACアドレスは48ビットで構成されています。上位24ビットはOUI(organizationally unique identifier)と言い,製造者(製造メーカー,ベンダーなど)の固有の識別子です。つまり,MACアドレスの上位24ビットを見れば,その機器を製造したベンダーがわかります。例えば,AppleのOUIは00-1B-63,DELLのOUIは00-1D-09です。
 
解答:24

[ウ]
MACアドレスの上位24ビットにはOUI(Organizationally Unique Identifier)が入ります。OUIとは,製造者(製造メーカ,ベンダーなど)に割り当てられた固有の値で、IEEEが管理しています。ベンダーを識別するベンダーコードと言われることもあります。

解答例:製造者
おそらくですが、「メーカー」や「ベンダー」でも正解になると思います。