ルーティングテーブルとは、経路情報を表した一覧表です。さきほどの、自分のパソコンでの経路情報を再度確認しましょう。
iproute
ここで、項目を確認しましょう。
.優奪肇錙璽宛先:目的となる宛先のアドレス
▲優奪肇泪好:上記,離汽屮優奪肇泪好
ゲートウェイ:パケットを転送する(次の)ルータ
ぅぅ鵐拭璽侫А璽后Д僖吋奪箸鮟侘呂垢襯ぅ鵐拭璽侫Дぅ
ゥ瓮肇螢奪:宛先までの距離(近さ)を表す値です。経路が複数ある場合に、経路選択を判断する手段に使われます。RIPの場合は、経由するルータの台数がメトリックになります。
2 

ゲートウェイとインターフェイスの両方を指定する必要があるのですか?
どっちか一つを指定することがほとんどです。パソコンのルーティングテーブルはループバックやブロードキャストなどが全て表示されて見づらいので、Ciscoルータのルーティングテーブル(show ip route)を見てください。
構成は、シンプルに、以下とします。
route
構成図を確認しましょう。
・ネットワークは、192.168.1.0/24、192.168.2.0/24、192.168.3.0/24の3つからなります。
・ネットワークの境界上にルータ(R1、R2)があります。
・R1においては、192.168.1.0のネットワークに接続されているインターフェースがFastEthernet0/0で、192.168.2.0のネットワークに接続されているインターフェースがFastEthernet0/1です。
コマンド(show ip route)で、経路情報を見ましょう。
Router#show ip route
(内容省略)
C    192.168.1.0/24 is directly connected, FastEthernet0/0
C    192.168.2.0/24 is directly connected, FastEthernet0/1
S    192.168.3.0/24 [1/0] via 192.168.2.253
 ※先頭のCはconnected(直接接続されている)、 Sはstatic(静的経路情報)を意味します。
例えば、一番上の行にある192.168.1.0/24のネットワークは、C(connected)とあるように、FastEthernet0/0のインターフェースに直接接続されています。192.168.1.0/24上にある端末と直接通信が可能で、ゲートウェイ(ルータ)にパケットを転送する必要がありません。なので、経路情報表にはFastEthernet0/0というインターフェース情報のみが記載されています。
一方、3行目にある192.168.3.0/24のネットワークは、「via 192.168.2.253」とあるように、ゲートウェイ(次のルータ)として、192.168.2.253が指定されています。viaというのは、「経由して」という意味です。電車のホームにて英語のアナウンスを聞いていると、「for Cosmosquare via Honmachi(本町経由のコスモスクエア行き)」などとありますが、これと同じ意味です。
インターフェースとしてFastEthernet0/1を指定しただけではダメです。FastEthernet0/1がつながっている192.168.2.0/24のネットワークつながっている端末は一つではありません。どのルータに転送すべきかを指定する必要があります。