NAT(Network Address Translation)とは、そのスペルが意味するように、ネットワークアドレスの変換です。
2 

NATなんて使うときあるのですか?
例えば、2つの部署をくっつけて、一つのネットワークにしたとします。どちらも192.168.1.0/24のネットワークです。IPアドレスの重複は正常な通信ができません。かといって、プリンタやらサーバやらで、いまさらIPアドレスを変更するのは大がかりとします。そのときに、アドレスを変換して通信すればいいのです。
nat1
そこで、R1とR1を接続して一つのネットワークのする際に、お互い相手からは、違うアドレスに見せます。
 ネットワーク,172.16.1.0/24
 ネットワーク△172.16.2.0/24
そのために、ルータR1では、172.16.1.0/24を192.168.1.0/24にNATし、ルータR2でも172.16.2.0/24を192.168.1.0/24のネットワークにNATします。
nat2
ああが