DHCP Discoverの場合のフレーム構造
ちょっと汚いので、時間があれば直します。
dhcp

フィールドの詳細
RFC http://tools.ietf.org/html/rfc2131 をもとに作成
Field長さ
(バイト)
意味解説
op 1メッセージタイプクライアントからのRequestは1、サーバからのReplyは2
htype 1ハードウェアタイプ通常のイーサネットは1
hlen 1ハードウェア長 通常のイーサネットは6
hops 1hops通常は0
xid  4Transaction ID一連の通信で共通で利用されるID
secs 2 0または、経過した秒数
flags 2フラグ回答をブロードキャストで要求する場合は、一番左のビットに1をたてる
ciaddr   4クライアントのIPアドレス すでにIPアドレスを持っていて、Renewなどにより再取得するときなどに限定してセットされる。
yiaddr   4your IP address 払い出すIPアドレスがセットされる 
siaddr  4 起動処理に使うための次のサーバ。DHCPサーバのIPアドレスがセットされるわけではない。
giaddr   4リレーエージェントのIPアドレス 
chaddr16Client Hardware addresClientのMACアドレス
sname64サーバのホスト名 
file128  
optionsvariableオプションDHCPのリースタイム、サブネットマスク、デフォルトGW、DNS情報など