グローバルユニキャストアドレスについて
IPv4のグローバルIPアドレスと考えてもらえばいい
・[プレフィックス 64bit][インターフェースID 64bit]
・プレフィックスは、グローバルルーティングプレフィックス(nビット)とサブネットID(64-nビット)に分けられる。
・上を書き直すとこうなる
[グローバルルーティングプレフィックス nビット][サブネットID 64-nビット][インターフェースID 64bit]
・たとえば、2001:dc3:222::/48というグローバルアドレスを公的な機関から割り当てられたとする。企業では、サブネットワークとして、任意の番号をつければよい。
たとえば
 ・総務部 2001:dc3:222:1::/64
 ・営業部 2001:dc3:222:2::/64
 ・技術部 2001:dc3:222:3::/64
 ※図示する
そして、ルータや端末のIPアドレスは、当然ながら通常通り任意につければよい。たとえば、
 ・ルータ 2001:dc3:222:1::1
 ・パソコン 2001:dc3:222:1::101〜300
 ・Webサーバ 2001:dc3:222:1::80
 ・DNSサーバ 2001:dc3:222:1::53
 ※この命名はセキュリティ上の懸念があるので、必ずしも推奨ではない。
 このようにシンプルなIPアドレス設計にすると、IPv6もそれほどややこしいものではない。
 
リンクローカルアドレスの補足
・[プレフィックス 64bit][インターフェースID 64bit]
・プレフィックスはfe80::/10と決まっているので、上を書き直すとこうなる
[1111111010 10ビット][00・・00 54ビット][インターフェースID 64bit]
・自分のパソコンにて、ipconfigコマンドで、このような構成になっているかを確認してみましょう。
■リンクローカルアドレスは要るのか?
IPv6のアドレスは、グローバルアドレス(とユニーク・ローカル・ユニキャスト・アドレス)が基本である。グローバルアドレスで通信する。加えて、リンクローカルアドレスを設定する。2個も設定するのは面倒だしややこしい。果たして、リンクローカルアドレスは必要なのか?
 取り決めとして、必須です。しかし、設定しなくても、隣接するノード間では通信ができる。とはいえ、OSPFのネイバーではリンクローカルアドレスを使ったりと、随所で使っていたりする。なので、素直に設定するようにしましょう。 逆に、リンクローカルアドレスのみを設定した場合はどうだろう。グローバルアドレスを設定しない場合である。その場合は、隣接するノードとの通信であれば、通信が可能。

ユニークローカルユニキャストアドレス(ULA)の補足
・ユニークローカルアドレスともいう。
・[プレフィックス 64bit][インターフェースID 64bit]というのはここでも同じ。
・プレフィックスはfc00::/7(2進数表記で1111110から始まる)と決まっている。7bitなので、実際にはfc00::/8とfd00::/8の2つがある。
[1111110 7ビット][0 or 1][グローバルID 40ビット][サブネットID 16bit][インターフェースID 64bit]
・自分のパソコンにて、ipconfigコマンドで、このような構成になっているかを確認してみましょう。