IPv4ではARPを使っていたが、IPv6では、ICMPv6のND(Neighbor Discovery)を使う。
この点を含めて、IPv6ではICMPv6の理解が重要になる。