OpenFlowのopenはopenオープンソースである。文字通り、ソース(ソースコード)がオープン(公開)されている。OpenFlowはSDNの概念の1つですので、SDNの言葉の通り、ソフトウェアでのネットワークです。

特徴
・無線LANのコントローラ(WLC)が無線APを集中管理するように、OpenFlowのコントローラが、各ネットワーク機器を集中管理します。よって、各ネットワーク機器に、個別に設定入れる必要はなく、OpenFlowコントローラのIPアドレスや使用するIFなど、最小限の設定で済む。これはかなり便利です。
・L2スイッチ、L3スイッチ、FW、LBなど、複数の機能をあわせもてる。
・特定のベンダに依存しない。これで、メーカ依存の、製品による制約がなくなる。→実際にはメーカやソフト間の互換性の問題があり、そう簡単ではない。とはいえ、そもそもの発想はこういうことである。
・プログラムすればいいので、やりたいことが自由にできる。たとえば、CiscoではVRFによって、ルータを仮想化できる。これは、VRFの機能が搭載された機器だけが実現できる。でも、このような機能を用いて1つのスイッチに同一セグメントを複数作ったり(VRFでできたかは要確認)、ルーティングポリシーを分けたりなどをやろうと思っても、機器やそのOS(CiscoではIOS)が対応していなければ、実現できない。
 他には、従来はSTPによるループ対策があった。OpenFlowでは、物理的にはループになっても、通信経路ではそもそもループにならないようにすればいい。そういう調整が自由にできる。
・実際のデータを転送する「データプレーン」と、経路計算などの制御をする「コントロールプレーン」を分離する。コントロールプレーンはOFCが担い、データプレーンはOFSが担う。
aa

用語
・OpenFlowコントローラ
・OpenFlowスイッチ
・FlowTable
・OpenFlowプロトコル
open

構成および動作
過去問(H25秋NW午後玉2)に基づいて、構成を確認しましょう。
OF方式では, OFSに入ってきたパケットのMACアドレス,IPアドレス, TCPポ−卜番号などの属性の組合せを“フロー”と呼び,そのパケットをどのように処理するかの判定に使用する。フローを識別し,入力されたパケットに対する処理を, OFS内のフローテーブル(以下, f-TBLという)に設定する。 OF方式でのOFCとOFSの構成を,図2に示す。OFCとOFS間の制御情報(以下,メッセージという)の交換のプロトコルを,0F Protocol と呼ぶ。
zu2

図2中のf-TBLの一つのエントリには,フローの識別情報(以下, Ruleという)を保持するRuleフィールド, Ruleに一致したフローをもつパケットに対する処理内容(以下, Actionという)を記述したActionフィールド,一致したフローのカウント値を保持するStatisticsフィールドなどがある。RuleとActionは, OFCが設定する。

団体
ONF(Open Networking Foundation)として、OpenFlowを推進する組織です。
また、ちょっと次元は違うかもしれないが、OpenDaylightという組織もあり、こちらもそうそうたるベンダが参加しています。こちらは、OpenFlowの概念も含めています。
Brocadeなどは、こちらに主軸を置いている気が……。