過去問(H23午後玉1)を参考にしながら確認する。
データセンタでは,サーバの設置台数が増加し,中でも,ブレード型サーバの使用が増えている。ストレージは,FC(Fibre Channel)を使ったFC-SANが既に構築されていた。N君の調査によると,最近では,10 Gビット/秒以上の高速イーサネットを使用し,FC-SANとLANを統合するFCoE(Fibre Channel over Ethernet)技術が登場している。この技術によって,FCプロトコル(以下,FCPという)をイーサネット上で動作させることができる。
SAN(Storage Area Network)とは,ストレージ専用のネットワークのことです。サーバとストレージ間を,専用のネットワークおよび専用のプロトコルで接続します。SANで利用される一番基本的なプロトコルがFC(Fibre Channel)です。
FCoEはFCをイーサネットで伝送する方式で,最近注目を集めています。
これって,やっていることはSCSIをIPプロトコルでカプセル化したiSCSIと同じですよね。だったら,iSCSIを使えばいいのでは?
やろうとしている方向性は同じと考えていいでしょう。しかし,FCoEが注目されている理由は,iSCSIに比べて,より安定した通信とより高速な通信が可能になるからです。安定した通信に関しては,このあと説明があります。

FCoE(Fibre Channel over Ethernet)とは,言葉のとおり,イーサネット(Ethernet)上のFC(Fibre Channel)です。といっても,実は普通のイーサネットとは違います。CEE(Converged Enhanced Ethernet)というEnhanced(拡張された)イーサネットが必要です。だから,これまでのスイッチではFCoEは利用できず,FCoE専用のスイッチが必要になります。