インターフェースについて、軽くおさらい。3種類を整理しよう。
NIC(Network Interface Card)
 通常のLAN(イーサネット)で使うRJ45のポート

HBA(Host Bus Adapter)
 FC(Fibre Channel)用のポート。H(Host)とあるように、ホスト(サーバ側)の形状を指す。
参考までに写真のリンクを貼っておく。
http://www8.hp.com/jp/ja/products/adapters/product-detail.html?oid=5294068
たしか、FCだけでなく、SAS(Serial Attached SCSI)の場合もある。

CNA(Converged Network Adapter)
 Converged (集められた)という言葉のとおり,FC用のインタフェースであるHBA(Host Bus Adapter)とNICを集め,一つに統合したもの。1個のアダプタでHBA(Host Bus Adapter)とNICを兼ねることができる。
こちらも参考となる写真のリンクを貼っておく。
http://www8.hp.com/jp/ja/products/adapters/product-detail.html?oid=5158435

過去問(H23午後玉1)を確認しよう。
N君は,既設機器との接続性を確保しながら,SANとLANの将来の統合化に備えるために,CNA(Converged Network Adapter)と呼ばれるネットワーク接続アダプタ製品を使うことにした。この製品は. 10 Gビット/秒のイーサネットとFCoEに対応しており,1個のアダプタでHBA(Host Bus Adapter)とNICを兼ねることができる。
CNAを使うことで,アダプタの設置スペースや配線の数を減らすことができます。複数のインタフェースが統合されているからです。