過去問(H25NW午後橘筍魁砲砲麓,竜述がある。
ある顧客のIEEE 802.1Qタグ付きのイーサネット通信(以下, VLAN通信という)を,他の顧客の設定に影響を与えずに,NW基盤を経由して転送させるには,  IEEE 802.1Qトンネリング技術が必要となる。このトンネリングは,顧客のVLANタグ付きのパケットを,更に別のVLANタグを付けることによってカプセル化する。これは, IEEE 802.1adによって標準化されている。
VLANタグを二重に付与するIEEE 802.1adについて述べられている。IEEE802.1QのVLANタグの中にIEEE802.1QのVLANタグを入れるという意味のQinQという言葉の方が、馴染み深い人もいることだろう。仕組みはシンプルで、VLANタグをもう一つ付けるだけ。広域イーサネットサービスなど、複数の顧客にネットワークサービスを提供するシーンで利用される。

フレーム構造は以下のようになる。TPIDはIEEE802.1ad用の0x88a8という値をとる。
QinQのフレーム-ネットワークスペシャリスト試験対策