IEEE802.1s
PVSTはVLANごとのSTP。しかし、VLANが増えてくると、それぞれでSTPを処理すると負荷が増える。そこで、VLANをまとめてインスタンスというグループを作り、そのグループでSTPを設定する。

過去問(H24年NW午後玉2)を見てみよう
STPを調査したところ,今回設定したSTPは,ツリーをVLANごとに構成できないことが分かった。詳しく調べると,VLANごとにツリーを構成するためには.  IEEE802.1sで規定されているMSTP (Multiple spanning Tree Protocol)を使うことが必要であった。
MSTPは,複数のVLANをインスタンスと呼ばれるグループにまとめ,インスタンス単位でスパニングッリーの計算を行う。このとき,インスタンスごとにルートブリッジ及びブロッキングポートが決定され,インスタンス単位にツリーが構成される。