1.スパニングツリーの種類
・STP(Spanning Tree Protocol):IEEE 802.1Dで規定 ←Dは大文字が正式。
・PVST(Per VLAN Spaninng Tree) VLANごとのSpaninng Tree。※CiscoではPVST+
・RSTP(Rapid Spanning Tree):IEEE 802.1wで切り替えが速いSTP。現在はIEEE802.1Dに統合されている。CSTPの場合、トポロジー変更があったことをTCN(Topology Change Notification)BPDUで知らせ、そこから再計算をスタートさせる。RSTPではTCN BPDUをネットワーク全体に伝えることはせず、変更が必要なスイッチと直接やりとり(Handshake方式)を行うことで、高速化している。ただ、リンクダウンなどではなく、リンクアップや機器が追加された場合は、全体の再計算が必要なので、通常のSTPと同様の収束時間が必要。
・MSTP(Multiple Spanning Tree Protocol):このあと解説します。

2.MSTP(Multiple Spanning Tree Protocol)
IEEE802.1s。PVSTはVLANごとのSTP。しかし、VLANが増えてくると、それぞれでSTPを処理すると負荷が増える。そこで、VLANをまとめてインスタンスというグループを作り、そのグループでSTPを設定する。
※ただし、ネットワークスペシャリスト試験には出ないと思いますので、学習する必要はないでしょう。

過去問(H24年NW午後玉2)を見てみよう
STPを調査したところ,今回設定したSTPは,ツリーをVLANごとに構成できないことが分かった。詳しく調べると,VLANごとにツリーを構成するためには.  IEEE802.1sで規定されているMSTP (Multiple spanning Tree Protocol)を使うことが必要であった。
MSTPは,複数のVLANをインスタンスと呼ばれるグループにまとめ,インスタンス単位でスパニングッリーの計算を行う。このとき,インスタンスごとにルートブリッジ及びブロッキングポートが決定され,インスタンス単位にツリーが構成される。

スポンサードリンク