ある程度の実力がついてくると、最終的な合否を左右する重要な項目の一つが、「答案の書き方」である。
内容を理解していても、答案にかけるのはわずか20〜30文字たらず。頭の中で理解できているところの「どこ」を答案に書くのかによって、結果が違ってくるのだ。

答案の書き方がうまくなるるには、残念ながら鍛錬しかない。
問題を解かずに、答えを見て、分かっている気持ちになっているうちは、絶対に答案の書き方は向上しない。
必ず答案をノートに書く。そして、なぜ違うのかを考える。
そのとき、自分が、どういう思考プロセスをすれば、試験センターの解答例のようになるかを徹底的に考えるのだ。

そして、時間をあけて同じ過去問を2回、3回と繰り返す。
このときも同じだ。なぜ違うのか、そして、一度理解したはずの思考プロセスが、なぜできなかったのかを考える。

はっきりいって面倒な作業だ。
でも、莫大な勉強をするより、合格するためにはこちらの勉強をしたほうがよほど効果的であり、合格に近づく。
我々SEはプロとして仕事をしている。
合格という結果にこだわることも大事だ。
答案の書き方には全力で向き合っていただきたい。