1.クラウドとは
クラウドとは雲(cloud)のことであり,雲の絵で表されていたインターネットを指します。よって,クラウドコンピューティングとは,インターネット上にシステムを設置する意味です。「サーバの設置場所を意識せずにコンピュータを利用する形態」という解釈をされていることも多くあります。
似た概念として,ASP(Application Service Provider)やSaaS(Software as a Service)があります。クラウド=SaaS=ASPと思っても,間違いではありません。どちらも概念であるため,定義はあいまいです。言葉の意味や語源を理解するにとどめ,どう違うかを厳密に追及しないようにすることをお勧めします。答えが無いからです。
具体例としては,GoogleのGmailやMicrosoftのOffice365などがあります。

(NHK ITホワイトボックスより)
 エコポイントのサイト、仕組みは、クラウドの仕組みが活用されている。
日本中の人が使うしかもたくさんの人に使われたシステムがわずか数カ月でできあがったのは、クラウド上のプラットフォームを活用し、既存の部品を有効活用したからだそうだ。また、開発コストもかなり安かったらしい。
ネットワークスペシャリストを目指す女性SE 

クラウドは概念ですので,正確な定義はありません。SaaSやASPと考えればよいでしょう。

2.クラウド関連の用語
プライベートクラウドとパブリッククラウド
パブリッククラウドは上記のGoogleAppsのようにインターネットを通じて受けるサービスです。
一方,プライベートクラウドは,企業内に独自のクラウド用サーバを構築します。

ユーティリティコンピューティング
Utilityとは,「役に立つ」という意味です。システムを自ら構築して費用を負担するのではなく,サービス提供をうけて使用した分だけを従量制での支払うと便利で役に立つということです。イメージは,電話やガス,水道の従量制に似ています。自分で水道を引くのは不可能に違いので,役に立つ公共サービスを利用します。
ユーティリティコンピューティングは,クラウドコンピューティングによって実現される要素の一つです。クラウドコンピューティングを利用することで,使用した分だけの費用を支払うことができます。

3.参考情報 〜NHKのITホワイトボックスより
・DeNAは、新サービスを開始するにあたり、ユーザの規模が分からないからクラウドを活用したとのこと。確かに、サーバをどれくらいの規模にしてよいのか見当がつかないため、どれくらいのシステムにしていいか全く分からない。サービスを止めないことを前提にするのであれば、莫大なスペックにする必要がある。一方、クラウドであれば、サービス提供型なので、スペック増強が簡単である。
・セキュリティに関しては、シュレッターでばらばらにした状態で各サーバに保存しているとのこと。だから、一つ一つのサーバが情報漏えいしたとしても、大事な情報は存在しない。

・2006年にGoogleのCEO、エリックシュミット氏がはじめて発言されたといわれる。日本では梅田望夫さんの「Web進化論」でクラウドということばではなく「あちら側,こちら側」という言葉を使っているが、当時からクラウドの時代になることがとても論理的に説明されていた。