◆0.ハンドルネームを教えてください。
Pikachun  

◆1.スコアを教えてください。  
午前1 85  
午前2 100  
午後1 89  
午後2 83

◆2.何回目の受験ですか?  
1回(テクニカルエンジニア(ネットワーク)は1回あり)

◆3.受験の動機は何ですか?  
・テクニカルエンジニアを持っていたがネスペは受けていなかったため、最新の知識について自身のレベルを把握したかった。(今の自分はネスペとして相応しいのかの確認)
・合格して自信を得て次の活躍機会につなげたかった。

◆4.役に立った勉強教材を教えてください。  
ネスペシリーズ、ポケットスタディ 、過去問(IPA)

◆5.過去問は何年分を各何回実施しましたか?  
H21〜H25分・・・ 2回, H19〜H20・・・ 1回

◆6.最新技術の勉強はどれくらい行いましたか?  
延べ20h(全体の20%)ぐらい。

◆7.模試は受けましたか?また、受けた方が良いですか?  
受けませんでした。模試より過去問と思います。
特に必要はないと思います。  

◆8.本試験では、どの問題を選びましたか? また、その選び方は?
・選択 午後橘1、問3、午後玉1
・午後
  ある程度自信があったので、明らかな守備範囲外でなければ
  3問ともざっと確認して吟味するつもりでした。下記の流れで選定。

   得意なルーティング(ospf,vrrp)があることを確認しまず問1に着手
   ↓
   続いて経験が浅い問3 DNSを一旦避けるため、問2に着手
   しかし、FWの機種固有の動作?が問われ危険な臭いを感じ、一旦保留
   ↓
   問3に着手し、問題文を一通り読んでセキュリティ要素が濃かったため
   問2よりいけそうだと思ったので着手
・午後玉1
  問2は疎遠なSIPやVoIPが多く登場していたので2分ぐらいで見切りました。
  その代わり、問1で死ぬ気で完答する、と早期に自分に決意表明できました。
  (迷い、未練なく取り組めて結果的によかったです。)

◆9.合格の場合、合格できた理由は何だと思いますか?(不合格時の比較などもあれば)  
・職場の先輩に「落ちたらシャレにならない」と宣言して逃げ場がない状況を自らつくれたこと。
・ネスペ本、過去問を通じて基礎知識を定着させたこと、解答の仕方を繰り返し習得できたこと。
・取得済みの情報セキュリティスペシャリストの知識が活かせる場面が多かったこと。

◆10.(不合格時との比較も含めて)これはやってはいけない勉強のやり方  
・過去問の復習時の要素技術の深追い(試験範囲を超える領域)は適度に。
  過去問全体の実施計画をこなすことの方が重要。時間との戦い。

◆11.モチベーションを上げたり維持するために工夫したことは何ですか?   
・合格したら次のステップ(活躍機会など)につながるという意識を常に持っていた。

◆12.合格に最も大切なのはズバリなんでしょう。  
・敵を知るということ。
  出題の大きな傾向→基礎知識を確実に押さえて踏まえること、問題文から導出すること、など

◆13.資格を取って一番得るものは何?(喜び、モチベーション、お金、実力、資格の肩書きなど)  
・自信

◆14.あなた様について教えてください。  (職種、年齢(or年代)、保有資格、など)  
通信業SE30代、テクニカルエンジニア(ネットワーク) 、情報セキュリティスペシャリスト、CCNP、CCDP、MCSEなど

◆15.ブログ、書籍などへの転載可否  最初に承諾いただいていると思いますが、可否を以下に記載願います。(可 or 否)


◆16.最後に一言お願いします。  
受かる状態になるには何ができればよいか(知識レベル、取組方法、演習場慣れ、コツ)を考えて、自分に合った納得の行く学習方法を確立することが大切だと思いました。
そのためにもネスペ本は非常に役立ちました。