◆0.ハンドルネームを教えてください。
 兵秋

◆1.スコアを教えてください。
 午前1 免除  
 午前2 96  
 午後1 64  
 午後2 60
 
◆2.何回目の受験ですか?  
3回目

◆3.受験の動機は何ですか?  
・インフラ最新事情を事例演習から身につけ、実業務で活かすこと。  
・自己のスキルレベルを公的に証明すること。  
・会社の奨励金支給があること。

◆4.役に立った勉強教材を教えてください。  
・3週間で完全マスター ネットワークスペシャリスト 日経BP社  
・ネスペの剣  
・ネットワークスペシャリスト 「専門知識+午後問題」の重点対策 iTEC
・ネットワークスペシャリスト 分野別予想問題集 iTEC  
・ネットワークスペシャリスト 合格トレーニング TAC

◆5.過去問は何年分を各何回実施しましたか?  
3年分を各1回

◆6.最新技術の勉強はどれくらい行いましたか?  
日経サイト等で検索して流行を見る。この点については自分でも対策方法が見当たらず、最後まで明確な学習の方法論が確立できませんでした。

◆7.模試は受けましたか?また、受けた方が良いですか?  
受けたことがあります。TAC A判定だった時も本試験でダメでしたし、大勢いる場所で受ける感覚の体得以外に特に受ける必要はないかと思います。出題内容も問題集の重要論点を出題していますので、普段の学習で問題集をきちんとやればよいかと。時間感覚を養う場合も、普段から時間を測って問題を解くことで満たせると思います。

◆8.本試験では、どの問題を選びましたか? また、その選び方は?
仝畍紕  2,3  
難易度で選びました。
午後2  2  
難易度を見て本来1を選ぶべきなんでしょうけど、SIP実務の経験があるので、どうしてもそちらを選びたくなりました。結果60点を取れたので、1を取って合格するより喜びが大きかったです。
 
◆9.合格の場合、合格できた理由は何だと思いますか?(不合格時の比較などもあれば)  
3回の受験経験を振り返り、知識アップと問題演習量で合格レベルまでスキルを上げ、後は問題の運だと思って気長にやっていました。何度もチャレンジしていれば、やがて得意な分野が出ることもありますから諦めずに頑張ることが重要だと思います。  あと、インプットした知識を自分の言葉でノートにまとめて見ることもおススメです。
 午後の筆記は、「相手に説明する力」が必要なので、その意味でもよかったと思います。
 
◆10.(不合格時との比較も含めて)これはやってはいけない勉強のやり方  
問題の量だけこなす勉強方法

◆11.モチベーションを上げたり維持するために工夫したことは何ですか?  
長期間勉強しない。3年間のうち、毎年試験直前3か月だけ集中学習を行い、中だるみを防ぎました。気分転換に他の資格にチャレンジして見るのもいいかもしれません。私の場合は、全く畑違いの中小企業診断士にトライしていて筆記問題の難しさ、対策のし辛さに頭を抱えていました。ネスペの午後問題の方がまだ取り組みやすいと思えてきて、やる気が出ました。

◆12.合格に最も大切なのはズバリなんでしょう。  
諦めないことです。

◆13.資格を取って一番得るものは何?(喜び、モチベーション、お金、実力、資格の肩書きなど)  
素直に嬉しいです。自分に自信が持てるようになりました。

◆14.あなた様について教えてください。  (職種、年齢(or年代)、保有資格、など)  
SE(通信事業関係)  
40才  
保有資格 第二種情報処理技術者、応用情報技術者,国内旅行業務取扱主任者,日商簿記検定3級、ビジネス実務法務検定2級

◆15.ブログ、書籍などへの転載可否  最初に承諾いただいていると思いますが、可否を以下に記載願います。(可 or 否)  


◆16.最後に一言お願いします。  
謙虚に、そして諦めず頑張れば道は開けると思います。今回も何とか合格できましたが、まだまだ力不足なので実務を通じて強化していこうと思います。