試験を受ける方の勉強法を聞くと、合格できそうかが分かるとまでは言えない。でも、そう思えるときもある。参考書を読んでいるだけで、過去問を解くときに答案を書か無い人などの話を聞くと、それでは合格できないと感じるのだ。
逆に、試験対策セミナーをしていて、その受講の姿勢や、どういう勉強をされているかのお話を伺った内容から、「この人は合格するだろうな」と思う人がいる。実際、合格しましたという連絡をもらった。
その人の業務経験やどれだけの知識があるか、どれくらい勉強しているのかは分からない。でも、(たまたまかもしれないが)、勉強法を聞くと、合格できるかがある程度当てているような気がする。
勉強法は大事だと思う。自分の勉強法を誰かに話をして、どう思うか聞いてみることも、方法の一つではないだろうか。